« グランプリファィナル | トップページ | 飲酒デー! »

2006年12月14日 (木)

改正建築士法が成立

構造計算書偽造事件の後、各所で審議や見直しが進められていた建築関連法。
遂にその改正案が、12月13日午前の参議院本会議で全会一致で可決、成立したそうです。

主な内容は、構造設計一級建築士や設備設計一級建築士の創設、建築士の定期講習義務付け、建築士試験の受験資格の見直しなどを柱とする建築士法、建築基準法、建設業法の各改正・・・
法の施行は一部を除いて公布日から2年以内らしい。
また、いっぱい勉強しなくちゃ。(ToT)

それにしても事件の後、世の中の人たちの〝構造〟に関する意識は変わったのでしょうか。
実務から見ると、相変わらず要求は厳しいものばかり、もちろん報酬も・・・
ガッポガッポ儲からなくてもいいので、建築士として技量の維持・向上に努められるよう、建築士の業務実態を踏まえて業務報酬基準を見直し、その基準が順守されるよう周知徹底して欲しいものです。
もちろん競争も質の向上の為には必要ですが、度を過ぎると〝食べるためにインチキしちゃえ〟なんて、今回の事件の繰り返しですから。

さて、今回の建築士法改正、国土交通省としては構造計算書偽造事件の再発防止策の第二弾と位置付けているようですが、第三弾はズバリ〝住宅〟
来年はどんな内容の法案が出てくるのでしょうか。

この記事を気に入っていただけたら↓ポチッと〝ひと押し〟お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 釣りブログへ

|

« グランプリファィナル | トップページ | 飲酒デー! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« グランプリファィナル | トップページ | 飲酒デー! »