« 天秤・ルアー自作用ペンチ | トップページ | 国際フッシングショー2007 人物編 »

2007年2月11日 (日)

国際フッシングショー2007 タックル編

今年も行ってきました
国際フィシングショー2007 in横浜

朝4時に静岡を出発して東名高速道路・海老名サービスエリアで朝食休憩。
たいした渋滞もなく7時半頃、目的地みなとみらい・パシフィコ横浜に到着。
開場待ちでの1枚。
Img_0128
何度見ても素晴らしい迫力のランドマークタワー。
この辺りはまだまだ開発中で、来るごとに高層建築が増えてます。

それから約1時間、友達とまだ寝ぼけた状態で話をしているとあっという間に開場時間の9時。
今年も最初の進路をシマノに定めて突入!
まず最初に目にしたものは投げ釣り用リール
SUPER AERO SPEEDCAST
Img_0129
以前のXTの後継モデルかと思います。
主な変更点はボディーのオイルインジェクション追加、スプール形状がノーテーパー、ベール・ラインローラー形状のスマート化でしょうか。
僕は以前からXTには樹脂製ノーテーパースプールを使っていましたが、このノーテーパーの性能をメーカーも推奨するようになったんですね。
でも耐久性を考えたら材質はこれからも金属のままなんだろうなぁ。
シマノではその他、AR-Cの自分が持っていないモデルを振り試し、Newステラの剛性と巻き心地の良さに感動。
あんなに高いリールは勿体なくて買えないけど・・・

さて、お次はダイワに移動。
今年の投げ用品ではオレンジの竿とリールが話題のようですが、それには全く興味なく目当ての竿を探します。
Img_0132
それはこちら!
Sundowner Competition 31号-405S
見つけて嬉しくてブンブン振って惚れました。
非力な僕にはピッタリな号数。
春には試投会もあるようなので、購入は焦らず錘を載せて振ってから決めたいと思います。
ダイワではその他、ソルトウォーターのコーナーでmorethanシリーズの試し振り。
一度試してみたかった
MT BRANZINO 109ML
を手に取ると、まず軽さに驚き、竿先の感度・柔らかさ、バットのパワー、全てのバランスに感動。
この竿、本当にヤバイです。
メーカーの人に、この竿をエギングに使いたいと言うと
「バッチリだと思います、静岡の方ですか?」
ん~ナゼわかったのでしょう。
エギング+パワーのあるシーバースロッド=静岡人
これは全国的に特殊な式なんでしょうか。

その他メーカーのブース、いろいろまわりましたが気になった商品はこんなところでした。

ブログ検索はこちらからどうぞ!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 釣りブログへ
ブログランキングに参加しております。
↑ポチッとひと押し、ご協力に感謝です。<m(__)m>

|

« 天秤・ルアー自作用ペンチ | トップページ | 国際フッシングショー2007 人物編 »

コメント

いいなぁ~僕も行きたかったのに・・・。

BRANZINOいいでしょ! でも僕のお薦めはアピアの風神ケルプ 独特の張りがあって・・・
まッ 好みなんですけど(Junさん是非振ってみて!)

投稿: ひろ | 2007年2月13日 (火) 04時31分

投げとエギングを見ただけで今回は時間いっぱいでした。
来年はマイナー?なメーカーの竿も振ってまわりたいと思います。

投稿: Jun | 2007年2月13日 (火) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天秤・ルアー自作用ペンチ | トップページ | 国際フッシングショー2007 人物編 »