« 災害に係る住家の被害認定 | トップページ | ウチの妹って・・・ »

2007年3月14日 (水)

緊迫の着陸中継

あんなに緊張して見るテレビ中継も久々でした。

昨日の高知空港での全日空機胴体着陸ですよ。
飛行機に乗ってる人たちはもちろん生きた心地ではなかったことでしょうが、中継を見ている僕たちも手に汗握って見守っておりました。

一度は着陸の衝撃で前輪が下りないか試すも失敗してタッチアンドゴー。
その後は胴体着陸に備え低高度を旋回しての燃料消費。
残り10分の燃料となったところで〝いざ胴体着陸!〟
機首が地面に着くと多少の火花が散りますが、機体は滑走路の中央を維持して曲がることなく停止。
火災やけが人も出ず〝機長〟本当に見事な着陸でした。

今回は前輪が出ないというトラブルでしたが、もし後輪が片側ないし両側出なかった場合はどのような着陸マニュアルとなっているのでしょう。
胴体で最寄りの海に着陸?
滑走路に決死で着陸?
こんな想像をしたら2度と飛行機に乗れなくなっちゃう。。。

ブログ検索はこちらからどうぞ!
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 釣りブログへ
ブログランキングに参加しております。
↑ポチッとひと押し、ご協力に感謝です。<m(__)m>

|

« 災害に係る住家の被害認定 | トップページ | ウチの妹って・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 災害に係る住家の被害認定 | トップページ | ウチの妹って・・・ »