« 一級建築士定期講習受講申込書配布開始 | トップページ | 力めない »

2008年12月 2日 (火)

胃がん検診

今日は『バリウムを飲む日』
受診案内に書いてある通り、昨夜は21:00までに夕飯を済ませ、その後は1滴の水も飲まず保健相談センターへ向かいます。

まずは受付で問診表を書き、検診車に入ると・・・
白衣のオバちゃんに粉を渡され
「はい、この水でグイッと飲んで、ゲップは我慢してね」
うおっ、急激に胃が膨らんで気持ち悪い。down
今度はバリウムを渡され
「これは無理せずゆっくり飲んで」
なっっっ、微妙な粘度がまた気持ち悪い。down
全部飲干したところで、いよいよレントゲン台へ。。。
「台が動きますので横の手摺を掴んでください」
スピーカーから男性の声で指示がとんできます。
台が90度傾き・・・
「はいっ、今度はバリウムが胃の中で馴染むよう、台の上で右回りに2回転してください」
ゲップが出そう・・・って、気合いで我慢。
その後は何度も右向いて・左向いて、90度以上の傾きにも耐え、何枚もパシャパシャ撮られて目がまわり、白衣のオバちゃんに【下剤】を渡され終了。
検診車を出たところで遠慮なく〝ゲップ〟
おぉぉぉ、胃がん検診って意外とハードなのねsign01

ウチに帰って下剤を飲み、元々お通じは良い方なのでおやつの時間には〝白い奇跡〟とご対面。
でも下剤が効きすぎちゃったのか、その後もお腹が〝ギュルルッ〟となったままで・・・
なんとも憂鬱な一日となりました。

ブログランキングに参加しております。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 釣りブログへ
↑ポチッとひと押し、ご協力に感謝です。m(_ _)m

|

« 一級建築士定期講習受講申込書配布開始 | トップページ | 力めない »

コメント

とても参考になりました。また寄らせていただきます。

投稿: 胃がんの初期症状 | 2008年12月14日 (日) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 一級建築士定期講習受講申込書配布開始 | トップページ | 力めない »