« 稚鮎 | トップページ | 待った甲斐がありました »

2009年3月20日 (金)

2008年度クラシック友の会記念コンサート

山上ジョアン薫 チェロリサイタル
に行ってきました。

バッハ、ショパン、ベートーヴェン、シューマン・・・と
いろんな曲を弾いてくれましたが、チェロとピアノのシンプルな演奏に焼津のお客さんは飽きちゃったのかな?
予定されたプログラムが終わると1割ほどが帰り始め、残ったお客さんの手拍子でアンコールを催促。
アンコール1曲目の演奏が終わると、なんと半数以上が立ち上がって帰り支度。
あれには拍手をもらいに、再び舞台に出てきた演奏者も驚いたんじゃないかなぁ。
そのとき、譜面台とピアノ演奏者をチラッと見て
〝どうする?〟
ってな感じの表情を浮かべた山上さん。
ホントはアンコール曲、もう1曲用意していたんじゃ・・・
ここで、客席の照明も明るくなり
「本日の演奏は全て終了しました」
というアナウンス。

演奏は良かったけど、なんだか気の毒な感じだったかな。。。

ブログランキングに参加しております。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 釣りブログへ
↑ポチッとひと押し、ご協力に感謝です。m(_ _)m

|

« 稚鮎 | トップページ | 待った甲斐がありました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 稚鮎 | トップページ | 待った甲斐がありました »