« Dreams on Ice 2011 | トップページ | 建築⊆自然 »

2011年6月29日 (水)

平成23年度焼津耐震協総会

午後1時30分~
焼津市消防防災センター4階多目的ホールで開催された
平成23年度焼津市木造住宅耐震補強推進協議会定期総会
に参加させていただきました。

総会のあとは記念事業として講演会。
「静岡県における津波対策の総点検」
静岡県くらし・環境部建築住宅局建築安全推進課の方が東日本大震災や阪神大震災の被災データをもとに考えられる東海地震または東海・東南海・南海連動地震対策を話してくださいました。

・津波対策を総点検する
・安全に避難する
・津波に強い建築物をつくる
・地震で壊れない住宅に住む
・津波の危険地域から移転する
・津波を良く知る

すぐには解決できない難問ばかり・・・

東海地震の想定震源域は僕も暮らす直下でおまけに津波も引き起こす海溝型。津波が沿岸部に到達するまで3~5分と言われてます。
このような自然の巨大な力に勝てるとは思いませんが、少しでも多くの人が助かるように知恵を絞らなくては。
運よく建物や工作物の下敷きにならずに済んだら、津波の到達時間まであまり猶予がないのでライフジャケットを着て高台や少しでも高い建物を目指したら良いのかなぁ・・・

ブログランキングに参加しております。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 釣りブログへ
↑ポチッとひと押し、ご協力に感謝です。m(_ _)m

|

« Dreams on Ice 2011 | トップページ | 建築⊆自然 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Dreams on Ice 2011 | トップページ | 建築⊆自然 »