« 春三番 | トップページ | しずおか木造塾(第5講座) »

2017年2月24日 (金)

地域に残すための災害対策・災害対応セミナー

~熊本地震の体験を生かした地震対策とは~
地域に残すための災害対策・災害対応セミナー
主催:(一社)静岡木の家ネットワーク
Img_1853
【第一講義】
「熊本地震対策記録~発災後の対応と今後の備え」
講師:小山貴史氏
【第二講義】
~くまもとの力~
「熊本の工務店たちが作り上げた木造応急仮設住宅とは」
講師:久原英司氏

熊本へ行って被災状況を自分の目で確かめ、研究者・設計者・施工者・その他、様々な方たちの話を聞き、木造住宅は耐震等級3を目指すべきだという事を強く思いました。
耐震等級3と言ってもその計算方法は、壁量計算+スパン表と許容応力度計算の2通りが存在。
スパン表は柱・壁線の直下率が良い建物であればそんなに問題はありませんが、ズレの大きな建物だと壁倍率(剛性)を高めた壁が地震時に直下の梁に大きな負担を掛けて折損⇒倒壊という事が起こり易くなります。
ズレの大きな建物も許容応力度計算を行えば、全ての部材に掛かる応力を計算⇒部材断面を決定するので安全度が全く違います。
昨今の新築住宅で品確法または長期優良住宅で耐震等級2以上を確保している建物の割合は2割程度、そのうち許容応力度計算されている建物は・・・
許容応力度計算の普及に向けて頑張らないといけませんね。

|

« 春三番 | トップページ | しずおか木造塾(第5講座) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春三番 | トップページ | しずおか木造塾(第5講座) »